ページトップ

情報セキュリティ方針

 株式会社愛和義肢製作所は、情報セキュリティ(サイバーセキュリティを含む。以下同じ)の取組みを事業活動の重要事項と位置づけ、商品・サービスの開発から提供にいたるすべての場面において、情報資産の機密性、完全性、可用性を維持するため、「情報セキュリティ方針」を定めます。

1.対象とする情報資産について

 当社は、すべての事業活動において利用、管理するお客さまの個人情報や機密情報などの情報資産を保護対象とします。

2.情報資産の適切な取扱い

 当社の情報資産は事業活動以外の目的で使用しません。また、情報資産の不適切な取扱いが脅威になることを認識し、不正な取扱いを行いません。

3.情報セキュリティ対策の実施について

 情報資産の取扱いにあたって、事業活動において生じる情報セキュリティリスクの変化の兆しを把握し、私たちが保護すべき情報資産の機密性、完全性、可用性の維持にむけ、適切な対策を定め、実施します。

4.コンプライアンスの徹底について

 情報資産の取扱いにおいて、従業員一人ひとりが、法令、規制を遵守し、お客様との契約上の要求事項を十分に認識し、コンプライアンスを徹底します。

5.情報セキュリティインシデントへの対応について

 情報セキュリティに関する事故の予防に努めるとともに、発生した場合の被害を最小限にとどめるなど、インシデントへの適切な対応や再発の防止に努めます。

6.情報セキュリティに関する教育について

 情報セキュリティ基本方針の遵守と情報セキュリティ対策を徹底するため、情報セキュリティに関する教育・訓練に取り組みます。

7.情報セキュリティ活動の継続的な改善について

 新たな環境変化に適切に対応していくため、定期的な見直しをおこない、継続的な改善に努めます。

制定日:2018年10月1日
株式会社愛和義肢製作所
代表 林 伸太郎