ページトップ

義足

完全オーダーメイドのシリコン義指

ご本人の手の色や形を微細に再現し、違和感のない義足を製作します。
また足指義足、前足部形状では、生体との移行部分に特殊な薄膜加工を施しますので、移行部分はとても自然です。
足部は装着し歩行を行いますので、形状を整えるだけではく、義肢装具士の専門的アプローチによる運動学的な視点も考慮しています。

納品までの流れ

納品までに通常4回ご来社頂き、1回目のご来社から1~2ヶ月で製品が完成します。

お問い合わせからご予約まで
0120-156-815

当社は完全予約制です。メール、もしくは電話にてお問い合わせ頂き、ご来社の日程をご相談ください。

1回目のご来社
採型

患部や健側指の型取りや採寸、写真撮影等を行い、義足製作に必要な情報を集積します。

2回目のご来社
仮合わせ(採型日より2週間後)

完成品と同等の製品で仮合せを行います。
実際に義足を装着していただき、フィット感や全体のバランス、色味等のチェックを行います。
※オーダーメイドの性質上、義指の種類によっては仮合せを2回、3回と行う場合があります

3回目のご来社
納品(仮合わせ日より1~2週間後)

実際に製品を装着して頂き、色の微調整を加えた上で仕上げを行います。
取り扱い方法、装着の方法等をご説明し、納品となります。

※短期制作も可能です

遠方よりお越しの方で、数回にわたるご来社が負担の場合、短期製作も行っております。東京に数日ご滞在いただき、その期間中に集中的に作業を行います。多くの場合2泊3日をご予定頂ければ対応可能ですが、製作時間は製品の数や患部の状況によっても大きく異なります。まずは電話、メール等でご相談ください。

製品価格

初回の製作費

初回の製作費には、初期費用(採型費・モデル反転費・成型用型製作費等)が含まれます
»採型費・・・歯科用シリコンにより健側・患部を忠実に採型
»モデル反転費・・・反対側の指モデルを反転し義足を復元します
»成型用型製作費・・・ご自身専用の成型用型を製作し保管します

2回目以降の製作費

スペア用や2回目以降の製作では、初回に製作した成型用型を使用しますので、初期費用がかかりません。
形状を大幅に変更する場合には、新たに成型用型を新調しますので、別途、型の再作製費用がかかります。

義指(足)製作費用 初期費用 2本目以降 型の再作製費
義指(足指)製作 239,000 113,000 41,750
多指製作(2~4指) 477,000 249,400 99,800
足部(前足部)製作 587,000 259,400 162,900
足部(踵部まで)製作 695,000 289,400 229,000
下腿義足カバー製作 1,250,000
大腿義足カバー製作 2,380,000
植毛費用 28,600 28,600

※義指装着時に接着剤を使用する場合には以下の製品が必要になります。

医療用接着剤 6,800 Hollister Medical Adhesive
専用リムーバー 3,500 Hollister Medical Adhesive Remover
携帯用リムーバー 2,160 Hollister 剥離剤パック
皮膚保護膜剤 2,160 Hollister 保護膜パック

製作費用は納品時、納品後にお預かりしています

当社では手付金、前金、製作途中での御支払などは一切、行っておりません。あくまで製品完成時にその製品にご納得いただいて、初めて製作費用をお預かりさせていただいています。完成段階で製品にご納得いただけない場合に製作費用をお預かりすることなくキャンセルも可能です。まずは形状を復元してみることをお勧めしています。ご安心してご相談下さい。

Q&A
Q. 相談のみでも大丈夫ですか?
A. お電話、メール、ご来社でのご相談、いずれも無料で受け付けています。

お電話、メールによるお問い合わせ・ご相談は随時受け付けています。
ご来社の場合は、事前にご予約ください。
はじめてエピテーゼやプロテーゼといった製品をご使用になる場合には、時間をかけてじっくり検討してみることが大切です。
また、ご家族のご相談、友人の方のご相談等、ご本人以外の方のご相談も同様に対応いたします。

Q. 仕事中の怪我ですが、労災は適応されますか?
A. 一部費用を労災請求にて行う事が可能です。

製作する製品の形状等により、その金額も異なります。当社価格と労災請求額の差額が自己負担金額となります。

Q. 身障手帳の公費請求は可能ですか?
A. お住まいの都道府県や区市町村によります。

義手製作に関する公費請求の可否はお住まいの都道府県や区市町村の判断となります。
また、公費請求を受ける場合には各都道府県の指定医療機関にて補装具判定を受ける必要が有ります。
公費請求が認められる地域もありますので、詳しくはお問い合わせ下さい。